体脂肪を測ろう

スポンサードリンク


★ 体脂肪率とは?

身体全体をみた時に、体重の中の総脂肪量の割合を示した言葉。

骨格のしっかりしている人や筋肉量の多い人は必然的に体脂肪率は少なくなり、
同等の筋肉量でも脂肪の多い人の方が体重は重くなる。


一般的な体脂肪率の基準として、

適正範囲は17〜23%、

肥満と呼ばれるのは男性なら25%以上、女性なら30%以上。


いくらBMI(標準体重)が正常範囲でも、体脂肪率が25%以上の人が多くみられる。

これは、「隠れ肥満」と呼ばれ、最近では特にダイエットを行っている若い女性に多くみられる。


食事制限ばかりして身体のバランスを崩すと、体内の脂肪量が増えてしまう。

バランスを崩さないようにするためにも、食事と運動は重要な課題である。


★体脂肪の計り方


体脂肪を計ったことがありますか?

計るたびに違う!!って思いませんか?


体脂肪は時間帯によって大きく差が出る。朝と夜でも大きな違いがあるのです。


【正しい計測の仕方】

身体の電気抵抗によって脂肪量を計測するのが体脂肪計。

この電気抵抗が1日の中で一番安定するのが、夕方6時〜夜10時位までの間と言われている。
この時間帯を選んで計測するのが一番理想的。

その時間帯が無理な方は、毎日同じ時間に測定する方法がお勧め。

測定時間が一定であれば、毎日の変化が対比出来るので、OK!


数値は計測方法や機種によっても違いがあるが、

理想的な体型はBMIが22前後、

体脂肪率は男性なら20%前後、女性なら25%前後。


体脂肪計について詳しくは各メーカーのホームページで!

タニタ ベストウェイトライフ 

松下電工ウェブサイト 体脂肪・BMI計 

オムロン 健康機器 体脂肪計 

大和はかり ウェブサイト 体脂肪計 

     
オムロン 売り上げNo1

●「両手両足」だから正確判定
 両手間、両足間で測る今までの体脂肪計は、主に体型のバラツキやむくみなどの影響を受けやすいものだった。カラダスキャン“チェック”なら、両手両足の4か所を結んで全身をスキャニング。筋肉率、体脂肪率などの体組成を正確に測定する。現在の値と過去の値とを比較表示できるので、ダイエットの経過をいつでもチェックすることができる。

タニタ 売り上げNo1

体組成計。体重や体脂肪量のみならず、骨量、筋肉量などまで計測できるヘルスメーターだ。さらに内臓脂肪レベルの判定や、身体組成から推定した1日の基礎代謝量の表示、体脂肪を燃やしやすい体かどうかの評価もできる。自分がいわゆる「太りやすい体」か「太りにくい体」かを知り、生活習慣を改善する上で役立つだろう。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/