ピラティス

スポンサードリンク


最近、テレビや雑誌でピラティスというエクササイズが注目されています。


とくにアメリカでは女優やモデルがこのエクササイズを取り入れており、ヨガと同じぐらい人気があります。

ピラティスの起源

ピラティスはドイツ人、Joseph.H.Pilates(ジョセフ・ピラティス)が考案したエクササイズ・プログラム。


ピラティスは子供のころ、結核に悩まされた彼は、不健康な身体を克服したいと数多くのスポーツや身体運動を学びました。


1900年、イギリスに移った彼は第一次世界大戦で捕虜となりますが、そこで看護士として働くうちに負傷兵のリハビリのため「ベッドを改良して行うフィットネスプログラム」を開発します。


人には生まれ持った「治癒力」があり、体の内側から鍛えていけば、ストレスから開放され、体が健康になることに気がついたのです。


これがピラティスメソッドのはじまりです。


1926年、彼はアメリカに移民し、ピラティススタジオをニューヨークに開設しました。


ピラティスメソッドはマーサ・グラハムやジョージ・バランシン(NY city バレエの創始者)に支持され発展をとげます。


彼自身も体力が回復した後は、様々なスポーツに熱中し、スキーやダイビングを楽しみ、しまいにはイギリスでプロボクサーとしても活躍をしたそうです!


ピラティスと他のエクササイズとの違い


ピラティスはつらく無理な運動を伴うこれまでのエクササイズとは違い、ボディ・コンディショニングは自然に身体と心の内側に働きかけます。


ただがむしゃらに動くのではなく、運動はすべて呼吸法を重視。正しい呼吸法で緊張感をほぐし、芯の筋力を鍛えて血液の流れとエネルギーの流れをスムーズにします。


動き自体はとてもシンプルですが、身体の芯(コア)を感じることを重視しています。


ピラティスを始めると・・・効果は?


ピラティスで鍛えるのは、身体の深部にある背骨や骨盤を支える筋肉がメインです。


自然に背中がしゃんと伸び、お腹がきゅっと引き締まり、おしりがグッと上がりすらりとした手脚になります。体の重心が上がり 自然に背筋が伸びます。


「身体の芯(コア)の筋肉」が鍛えられると、身体の歪みが改善され骨と筋肉が有るべきところに付き、全身のバランスが良くなります。


筋肉が柔らかく柔軟になるので、体つきもしなやかに、日常の立ち振る舞いや歩く姿勢が美しくなります。


正しい呼吸をする事によって、細胞が活性化し自然治癒力も高めます。


ピラティスは、もともと骨や筋肉を正しく使う為の、リハビリ用のトレーニングなので、始めると腰や肩周りの筋肉が安定して、首や肩の凝りをほぐし、腰痛や膝痛、節々の痛みも改善してくれます。


関節がしなやかになり、身体をダメージから守ります。身体が軽くなり、動きやすくなります。


また、内臓まわりの硬くなった筋肉をマッサージして、腸が活発になり便秘が治り、リンパの流れや血行が良くなり、冷え性やむくみも解消します。


ピラティスの特色


ピラティスは勢いをつけることなく、無理なく呼吸を意識しながらリラックスして行う運動で、背筋や腹筋を鍛えて左右バランスのよい姿勢へ改善していくほか、体力増進、免疫力の向上、柔軟性を高めていきます。


ステファン・メルモンの1分間ピラティス・ダイエットスーパーメソッド
ステファン・メルモンの1分間ピラティス・ダイエットスーパーメソッド
主婦と生活社
price : ¥1,260
release : 2004/09

写真つきで説明もとっても詳しい

モデルさんやメルモン氏も出演の写真付きで説明がとても詳しく載っています。写真入りの本って写真付きだからって説明が簡単でいまいちの本が多いんですけどこの本はそのポーズの注意事項とかも含め、ほんと詳しく載せてくれてますよ。
途中、日常生活でできるピラティスや、ゴムバンドやボールなどを使ったピラティスも載っているところも嬉しいです。

巻末にはピラティスカードがついています。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/