「大殿筋」の強化

スポンサードリンク


では、今週のワンポイントアドバイス をいってみましょう
 
 
 
 大殿筋は、骨盤の後ろ側から太腿(もも)の横側につく筋肉です。
 立つ、歩くといった動作には欠かせない重要な筋肉です。
 
 よい姿勢の人は、歩くとき後ろの足が軸より後方まで開いています。
 
 歩行とは、大殿筋を使って足を後ろに振り上げ、
 地面をけった反動で体を前に推し進める動作です。
 
 この動作によって大殿筋が発達し、お尻がキュッと持ち上がるようになります。

  
 ■四つんばいになって行う

daidenkin-ani.gif

  
 【準備】
  四つんばいになり、股関節の下にひざ、肩の下に手のひらがくるように
  つむじを長く伸ばすようにして、体幹は床に平行。おへそは真下を向く。
 
 1.息を吐きながら、右足を長く保ちながら、後ろ遠くへ伸ばすように上げる
 
 2.姿勢を崩すことなく上げられた所までで、5秒間キープ!

 3. 息を吸いながら、ゆっくり元に戻す。
 
 4.1〜2をくり返す
 
 5.左右それぞれ、10回を1セットとして、1日3セット行いましょう。
 
  
 【注意すること】 
 
  この時、骨盤が前傾してしまうと、仙腸関節に負担がかかります。
  50kgの重りをもち上げるのと同じくらいと言われています。
  骨盤が傾かないように、腹筋を意識して行います。
 
1-5.jpg

  股関節を必要以上に過伸展させないこと。
  腰が傾くところまで以上に脚を持ち上げないようにしましょう。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/