内転筋(太ももの内側)の強化 その1

スポンサードリンク


では、今週のワンポイントアドバイス をいってみましょう

「内転筋(太ももの内側)」の強化 その1です。


内転筋は恥骨から大腿骨につく筋肉で 足を内側に閉じる時に使われます

歩くとき、普通は意識していませんが、
あなたの「ひざ」はどちらを向いていますか?外ですか?内ですか?

内転筋は、あげた足を内側に下ろすためのコントローラーの役割があります。

この内転筋が衰えると、足を下ろすときにひざが外側を向いてしまいます。
毎日毎日足を外側に向かって下ろしてしまうと「O脚」の原因に!

また「O脚」のままで歩き続けると、ひざにもストレスがかかってしまい
数年後にはひざを痛める結果となりますので要注意!!

今から、強化して、美脚を目指しましょう!!

■横向きに寝て行う

naiten-ani1.gif


【準備】
・まず、左横向きに寝て、下になる左手は手枕にしておきましょう!
・腰骨が傾かないように床に垂直にたて、右手でバランスをとります。
・上側の右足を左足の後側に立て、左足は伸ばしておきます。

1.息を吐きながら、左足の足先を天に向かって3秒間であげていく。

2.足を長く保ちながら、足先を内側にひねるようにして3秒間キープ!!


mg2.gif


3.息を吸いながら、左足が床につかない程度まで降ろします。

1〜3を、5〜10回。足を替えて同様におこない、1日3セット!

【注意すべき点】

この時、骨盤が後に倒れないように!内転筋が使われません。


mg1.gif


チューブを使うとより、効果的です!

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/