背中 (広背筋)を鍛える

スポンサードリンク


今日は、背中(広背筋)の強化です。


背中の上の方にあるのが広背筋という筋肉です。


胸の筋肉と同様に、腕を動かす色々な動作で活躍する非常に重要な筋肉です。


広背筋が発達すると逆三角形のスポーツマン体型になります。


背中の筋力アップのトレーニングとしては、
スポーツクラブによく設置されているマシン(ラットプルダウン)があります。


しかし、なかなかその人にあったマシンに巡り会えないものです。
どうしても身長の低い女性は肩ばかりを使ってしまいがちです。


そういう方には、この方法をお勧めしています。


【準備】

イスに腰掛け、スモールボールをきちんと座れるくらいの圧力にして
その上に座ります。体は真っ直ぐ!肩が前に出ないようにしましょう。

ひも、又はチューブを肩幅より広くして、バンザイ\(^O^)/します。
あごをしめて、前を向いておく。上を向かないこと。


senaka-ani2.gif


1.息を吸い、息を吐きながら、ひも又はチューブをひっぱったまま、
  頭の後で下げられるところまで下げる。

  この時、頭が前に出ないこと!
  脇の下から、腰にかけて意識すること


2.息を吸い、息を吐きながら、ゆっくり元の位置までもどす。


正面から見ると


senaka-ani1.gif


肩胛骨が動くので、肩こりにも効果的です。


背中美人になれますよ!!


コアのトレーニング強化には、「スモールボール」使用がポイント!
通常では感じにくい筋肉の意識を高めるのに、手軽で簡単で効果が大。


この場合も、背骨でスモールボールを押しつぶすようなイメージで行うと、
背骨も丸くならず、反動を使って腕を上げ下ろしをしなくてすみます。

 
スモールボールを手近において、行ってくださいね。
 


今、パーソナルトレーニングで使用しているのは、ストレッチポールです。


使い方はとっても簡単。なんと寝るだけ!


重力の影響の少ない寝転んだ状態で背中の筋肉や靭帯をストレッチするため、
効果的に緩めることができ、脊柱(背骨)の本来あるべきナチュラルカーブを取り戻します。


難しい動きはありませんから、どなたでも簡単にトレーニングできます。


ご家庭でも、簡単にウォームアップやクールダウンができ、
入浴後に使用するとより効果的ですよ。


ただし、やりすぎは禁物です!1日10分を目安にしましょう!!


使用した後の心地よさは、最高です!!

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/