背柱の柔軟性

スポンサードリンク


今日のトレーニングは、「背柱の柔軟性」です。

【準備】

仰向けに寝て、股関節は90℃よりちょっと深めに曲げ、
ひざの角度が90℃になるように脚を持ち上げます。

まず、右手は身体の横に。左手は肩の横に伸ばしておきます。
手に力が入らないように、スモールボールを使うといいでしょう。

90.jpg




1.息を吸って、吐きながら、両ひざを右へ倒していきます。

  顔は、反対に左へ倒します。
  背骨がねじれているのを感じながら、ひざをより遠くへ持っていく感覚!
  このとき、脇の下から、腰にかけて伸びを感じましょう。
  

2.息を吸いながら、センターまで戻します。

  手の位置を変えて、左手は身体の横に。右手は肩の横に伸ばします。

3.息を吐きながら、今度は、両ひざを左の方向に倒していきます。

4.息を吸いながら、センターの位置まで戻します。

これをくり返します。

senaka-ani5-Opt.gif


腰がきつく感じる人は、股関節をもっと曲げて行ってください。
わき腹にある「腹斜筋」を意識して行うとより効果的です。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/