呼吸法 ニュートラルポジション

スポンサードリンク


ピラティスの呼吸法で、大切なのが姿勢です。

【準備】

仰向けに寝てください。

足は、ひざをたて、骨盤の幅で開きすぎないようにします。

つむじから肩。骨盤が 一直線上になるようにします。

手は、手のひらをマットにつけ、目線は天井を見ます。

182.jpg



1.鼻から息を吸い、肋骨を大きく膨らましていきます。

  そのとき。あごがあがって背骨が反らないように気をつけましょう。

  あごの下には、リンゴを1個挟めるくらいにします。


2.口から息を吐いたときには、お腹と背骨を近づけるように凹ませましょう。


  その時には、背骨の周りの肉を背骨に巻き付けるようなイメージで、

  左右の腸骨と恥骨を結んだ三角形が床と水平になるようにします。


185.jpg




(わかりやすいように、両手をあげています)


猫背気味の人には、寝たときにあごがあがってしまいます。

そうなると、うまく息が吸えません。
頭の下にタオルなどを敷いて、あごがあがらないように調節しましょう。


腹直筋(お腹の縦に走る筋肉)や腹横筋(ベルトのようにお腹を支える筋肉)
が強化されるので、下腹のポッコリが持ち上がってきます!!

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/