肩の安定 プランク(腕立て伏せ)その1

スポンサードリンク


身体の筋肉は各部がバラバラに動くのではなく連動しています。

身体をバランスよく鍛えるためには、体幹を鍛えると共に肩の安定が大切です。

肩を安定させる(肩甲骨が上がって首がすくんだりしないようにする)ために、
プランク(腕立て伏せ)のトレーニングをしましょう。

まずは、膝を立てて行います。


【準備】

膝立ちになり、両手のひらを大きなバランスボールに乗せます。

膝の間にミニバランスボールを挟んでおきましょう。


肩の安定 プランク


1.息を吸い、ゆっくり吐きながら、肋骨をしめ、脇をきゅっと絞めるようにします。

肩甲骨を寄せて下げるようにしましょう!

お腹でボールを押しつけるイメージです。


2.息を吸いながら、ゆるめます。これをくり返しましょう。


この時、ひじが曲がっていたり、肩が上がらないように、
おへそと背骨を近づけてニュートラルポジションにします。


悪い例

肩の安定 悪い例

                                                                                                                                                                            

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/