肩の安定 プランク(腕立て伏せ)その2

スポンサードリンク



前回のひざをついた状態でのプランク(腕立て伏せ)はできるようになりましたか?

 肩の安定 プランク(腕立て伏せ)その1

出来るようになったら、強度を上げて、バランスボールの上でプランク(腕立て伏せ)をしましょう。


【準備】

まず、ひざを立てて座りつま先の間にミニバランスボールを挟みます。

バランスボールに両手をつき、ひざを床から離して一直線になるようにします。

この時、ミニバランスボールを押しつぶすようにして、親指の母子球をしっかり押しつけましょう。


肩の安定 プランク


1.息を吸って、肩甲骨を下制します。

息を吐きながら、肋骨をぎゅーっと絞めていきます。

これをくり返しますが、肋骨がしめれないと肩が上がってきますよ。

次に、バランスボールに手のひらとひじをつきます。

この動作は、さらに肩の安定が必要とされます。


肩の安定 プランク


ひじと手のひらでバランスボールを押しつけ、肩甲骨をしっかりと寄せ下制します。

肩が上がってお腹が落ちないように、しっかり絞めましょう!!


化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/