腹斜筋を鍛える サイド トウ サイド

スポンサードリンク



お腹の横側の筋肉、腹斜筋を鍛えるトレーニングです。


腹斜筋は、上体をひねったり、回す時や、伸ばしたり縮めたりする時に働いて、
腹直筋の働きを助ける役目があります。


腹直筋だけでなく、腹斜筋もバランスよく鍛える必要があります。


【準備】


仰向けに寝て、両ひざを揃えて直角に曲げて持ち上げ、
股関節の上にひざがくるようにします。


左手は肩の真横にくるように伸ばし、
手のひらの下にミニバランスボールを置きます。

右手は、身体に沿わせて気を付けの位置におきます。
こうすることで、左側の腹斜筋をより意識することができます。


腹斜筋を鍛える


1.息を吸い、ゆっくり吐きながら、両脚を右に倒していきます。
  
  顔は真上を向いたままで、45度くらいを目安に倒してください。
  左右の横腹がしまっていくのを感じてください。


2.息を吸いながら、倒した両脚を天井方向に戻します。


3.ボールを反対の右手に持ち替え、同様に倒していきます。


これを体力に応じてくり返してください。


腹斜筋を鍛える


腰がきつい人は、ひざを少し胸の方に寄せ、
股関節をもう少しまげてやると、腰への負担が軽くなります。


肩がきつい人は、ボールの位置を真横から腰の方に少し下げてやるといいです。


無理をしないようにして行ってください。
くり返し続けることで効果が出てきます。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/