マウンテンポーズ  ヨガの基本姿勢

スポンサードリンク


毎年、冬になると、床で寝て行うピラティスは身体が冷えるので、
立位のポーズがある「ヨガ」の動きを提供しています。


今日は、ヨガの基本姿勢である「マウンテンポーズ」をご紹介します。


マウンテンポーズは、立位での姿勢を安定させ、
脚部、胴部、肩甲骨の安定をはかります。


マウンテンポーズは、立位の基本姿勢です。
立位の動きはすべてこのマウンテンポーズから始めます。


マウンテンポーズの正しい姿勢と動きを覚えましょう。

★足の位置


マウンテンポーズの正しい足の位置


足は指を開き、かかとを少し離して立ちます。
足の裏の四隅は全て床についています。


★マウンテンポーズ

マウンテンポーズ


1.息を吸って、肩甲骨を下げ、両肩を耳から遠くに離れるようにします。
  つむじは天井から引っ張られている感じにします。

2.息を吐きながら、へそを背柱に引き込むようにして、
  胸郭は上に、尾骨は床にむけて、背骨が真っ直ぐになるようにします。

  下腹の筋肉を収縮させ、両脚は真っ直ぐ、
  両腕は身体の脇にまっすぐに伸ばしておきます。


脚と骨盤にわずかな力を感じましょう。

体の前後の筋肉がバランスを取り合って、姿勢を保っているのを感じましょう。


yuga-ani1.gif


1.息を吸って、両手をバンザイしていきます。
  肩が耳たぶに近づかないように、肩甲骨を安定して行います。

2.息を吐きながら、両手を元に戻していきます。
  
  そのとき、肩が上がらないようにすること。
  おへそと背骨を近づけて、下腹をしっかりしめます。


,

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/