竹内みどり様 58歳 165cm その後の経過

スポンサードリンク


コナミ松山店がオープンした2005年2月からのパーソナルのクライアント
竹内みどりさんの経過です。

左の変形性股関節症の末期で人工関節手術しか治療法はないが、
手術は10年後以降にとの医師の言葉に、トレーニングを始めました。

2006年、1年後の様子


5年前と現在の写真を比較しました。

460.jpg


変形性股関節症のみどりさんは、毎週パーソナルレッスンを受けられ、
週3回の筋トレ等、上半身の自主トレーニングは欠かしません。


現在のパーソナルは骨盤を矯正することを課題として取り組んでいます。


これは、今月6月のある日のレッスン。
60分のレッスン前後で、骨盤が矯正されたのがわかります。


459.jpg

股関節変形症の方は、普通手術をするらしいのですが、
みどりさんは筋力トレーニングとコアトレーニングで、
以前より生活レベルがあがったようです。


年1回の受診では、専門外来の医師に、筋力アップと姿勢の矯正を伝えても
股関節のレントゲンの写真しか診てくれないと笑っていました。


たまに、お孫さんがかえってこられた時は、無理もして、骨盤が歪み、
体重も増えたりした時期もありましたが、
日常生活から意識をされ、今の体形を維持できています。


歩行はすこしぎこちないですが、日常生活には大きな支障もありません。
今後も人工関節の手術はしないで、がんばると言っています。


60歳前にして、以前より筋肉がつき、ますます若くなっておられます。
常に前向きな気持ちと努力には脱帽です。


ほかにも股関節変形症のクライアントさんがいらっしゃいますが、
みどりさんはいいお手本でもあります。

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/