ピラティスの基本

スポンサードリンク



呼吸、心、動きを伴うのがピラティスです

立った時に膝とつま先とまっすぐ向けておきます。

つま先と膝の向きが違うと膝が悪くなりやすいです。

0脚の人は小指重心になりやすいので足のうら3点を床につけておきます。


1、呼吸 

まず肋骨を広げる 吸うと横隔膜が下がるイメージ 吐くと肋骨締めて骨盤底筋も締める

2、仰臥位で呼吸

3、インプリントとニュートラルで骨盤を動かす

腰のトンネルを床につける 印を押すように

4、ヒップロール

セロテープはがすように

5、肩甲骨の動き

鎖骨、肩甲骨、腕は一緒に動く

6、キャット

骨盤、肩甲骨を動かす

7、ラッツストレッチ

四足から手の位置をやや前にして頭をのこして肩甲骨をズボンのポケットに入れて腰を後ろに引く

8、プランク 

母趾球を後ろにひき飛び出る

化粧品人気ランキング/資格情報ナビ/ペット同伴の宿/携帯マスター倶楽部/